ボーナス事情と賢い使い方の考察ボーナスに関する話題まとめ!

ボーナスの支給は会社次第で変わる。

会社員の楽しみであるボーナスと言えば、一般的には夏と冬にまとまった金額が支給されるものと考えられてる。概ね6月か7月と12月頃に支給する企業や団体が多いようだ。しかし、ボーナスは賞与とも呼ばれ、絶対に支給しなければならないものではない。日本においては、ただ支給している企業や団体が多いだけであり、ベンチャー企業などではボーナスがないケースも存在するのだ。

ボーナス支給の前提条件としては、例えば、4月から9月までの在籍者に対し、その間の業績と個人の貢献度合いに応じて支給するのが冬の賞与であり、同じように10月から3月までについて支給するのが夏の賞与であるとの考え方があるようだ。当然ながら、支給日の時点で退職していれば受けることができない。

しかし、このような前提条件がある一方で、上がった利益と貢献度に対しては、毎月の給与で支給するという企業や団体もあり、賞与がないケースもある。だが、どちらの場合も報酬額が同じだけ支給されていれば、損得はないことになるだろう。

しかし、心情的にはまとまった額を手にすることに喜びを感じる人が少なくない。この場合、貰い損ねるのを防ぐためは、退職する場合には賞与支給日を過ぎてからにする例がよく挙げられている。また、その時の景気次第で額が大きく変動する可能性もあるのが賞与であり、支給額が確定する時期には社内の話題を独占することも珍しくない。しかし、額の大小は企業によって大きく異なるため、これから就職してボーナスに期待するなら、しっかりと希望の会社の業績も調べておいた方が良いだろう。