ボーナス事情と賢い使い方の考察ボーナスに関する話題まとめ!

モチベーションの維持につながるボーナスの話

主に夏と冬に支給されるボーナスは、夏は6月下旬から7月初旬で、冬は12月初旬から12月下旬の間で支払われることが多いようだ。もちろん会社によって支給日は異なるが、会社の都合を調整したら、このような期日になると言われている。

もちろん、ボーナスは必ず夏と冬に支払われるわけではない。ボーナスがない会社もあり、その分毎月の給料を高くしている方法を採用している会社もある。また、全ての社員が同じ額を受け取るのではなく、部署の業績や個人の成績、そして会社全体の業績によっても左右されるようだ。

役職が付いている社員は、付いていない社員よりも、当然ながら多く貰える傾向にある。公務員も一般企業と同じように夏と冬の時期に賞与として支給される。しかも、公務員の場合は法律で決められているため、支給されないといった心配がない。また、一般企業と公務員を比較してみると、平均的には公務員のほうが多い傾向にあるようだ。したがって、公務員は毎月の給料はそう多くなくても、その分手当が充実しているため、全体的に安定した額を受け取れるのだ。

一方、一般企業の場合は、新入社員だと最初の半年間は使用期間にあたるため、他の社員が賞与を受け取っていても、新入社員だけ受け取れないこともある。会社に貢献した人を労うための制度であると言われているため、まだ成果を出せない新入社員は、支払われないといったケースは少なくないのだ。とはいえ、ボーナスは労働意欲を掻き立てる大きな要因となっている。だから、モチベーションを維持して働くためには、ボーナスの支給がある職場を選ぶほうが良いかもしれない。